医学部専門予備校「インテグラ」ってどんなところ?料金は?特徴は?

医学部予備校インテグラのコースやカリキュラム、スケジュールについて

医学部予備校インテグラのコースやカリキュラム、スケジュールをてまとめてみた

他の予備校とは少し異なったカリキュラムを持つインテグラですが、そのカリキュラムとは一体どのようなものなのでしょうか?

インテグラのカリキュラムの決定までの流れを追ってみましょう。


カリキュラムの決定までの流れ

まず、基礎的な学力テスト、体験授業を行い、科目ごとに学習震度や得意不得意を確認、分析します。

そして個人面談で様々なことをヒアリングし、カリキュラムを作成します。

保護者と生徒と担任で、三者面談をしてカリキュラムを提案します。

ここからは、授業などの進捗を見ながら、カリキュラムを微調整していくだけです。

以上のような工程を経て、インテグラの売りの一つである「完全オーダーメイドカリキュラム」が出来上がります。

また、テキストは生徒の進捗や学力などに合わせたオリジナルのものを使用するらしいです。

なので、同じカリキュラムをしている生徒はインテグラにはいないことになります。

コースについて

コースは複数に分かれています。

高卒生向けのコース、高校生向けのコース、社会人向けのコースの3つです。

高卒生向けのコースでは、寮には入らないものの、普通の個人指導予備校のように指導してもらえる総合コース、1科目から指導してもらえる単科コース、寮に入って勉強することになる全寮制コース、基礎学力試験や適正試験なども見てもらえる面接・小論文コースの4種類です。

高校生向けのコースも、総合コースと単科コースと面接・小論文対策コースは一緒ですが、もうひとつ、学校や部活などで平日忙しい高校生のための土日集中特訓コースがあります。

社会人のコースには、平日夜間コースと土日集中特訓コースがあります。

次は、様々なスケジュールについてみてみましょう。

年間としては、レギュラーな授業の合間に、6月、9月、12月の年に3回のインテグラ模試、他にも様々な大手予備校の模試が、夏期講習等をはさみながら行われます。

12月後半になってくると、冬期、直前講習になり、苦手科目や二次試験を視野に入れたカリキュラムになります。

1日の流れを見てみましょう。

寮生の1日の流れ

朝7:30に起床、朝食です。

8時には自習室は開放されているので、早めに移動して予習や復習をしましょう。

その後、授業や授業の復習、昼食をはさみ、午後の授業、復習、場合によっては休憩、夕方の授業がある場合もあれば、授業を終えて自習をする人もいるでしょう。このようなスケジュールになっています。

医学部予備校の中では比較的ゆったりとしたスケジュールだと思います。

もっと緩い方が良い方は、駿台予備学校などの大手予備校を。

もう少し厳しい方が良い方は、武田塾メディカルなどの他の医学部専門予備校がおすすめです。

↑ PAGE TOP